« 第二回目 PTSDへの取り組み方 | トップページ | ■熱を逃さない生活*室内環境 »

■熱を逃がさない生活*衣類による保温

☆感情が身体に与える影響は計り知れません。

簡単に感情がどんな影響を与えているかを無料

で診断いたします。





>>感情が原因の痛み・不調 無料心理テスト




つらい痛みや不調の原因がでもある心身のバランスを整え心身が

健やかに生活ためのコツをお伝えします。



記載の項目にチェックを入れていただくと(複数可)、

自動で無料で返信のメールが届きます。しばらくお待ちください。




■熱を逃さない生活*衣類による保温


【肌着の着用】
上半身も下半身も肌着でおおい放熱を防いで
体の周囲に温かい空気の層を作ることで熱を保持してくれます

うつ病だけではなく、冷えから病気になる人の多くは
この肌着による保温ができていないか、不十分だと考えられます。


【冷えやすい所はタオルなどを利用】
冷えの強い人は、冷えやすい所(部位)だけ
または寝るときだけでも、1年を通して二重に重ね着するのが理想

【冷たい空気を直接肌に当てない】
手・首・頭・顔、、、は肌着でカバーすることができません。

ですが、マフラー・ストール・ショール・スカーフ・手袋などの
小物類で冷たい空気に熱を奪われないように工夫してみましょう
成城の鍼灸院でもカウンセラー高牟禮憲司(たかむれけんじ)先生の

カウンセリングを受ける事ができるようになりました。



病院での豊富なカウンセリング経験があなたをサポートします。


|

« 第二回目 PTSDへの取り組み方 | トップページ | ■熱を逃さない生活*室内環境 »

うつ パニック あがり症 カウンセリング EFT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232203/41351901

この記事へのトラックバック一覧です: ■熱を逃がさない生活*衣類による保温:

« 第二回目 PTSDへの取り組み方 | トップページ | ■熱を逃さない生活*室内環境 »